お問い合わせ

購入検討

03-3582-8232
お問い合わせフォーム

個人のお客様

ユーザーサポート

操作・設定など、ご利用開始後のサポート窓口
https://biz.kingsoft.jp/support/


0570-008240(ナビダイヤル)
受付時間 10:00~13:00、14:00~17:00 (土日祝除く)
※ナビダイヤルをご利用になれない場合は03-6234-9399
※こちらは法人のお客様専用窓口です。
個人のお客様はこちらからお願いします。

閉じる

知っていると便利!スライドショーや表計算に「ルビ」を入れる裏技

  • tips_writer2_eyecatch

知っていると便利!スライドショーや表計算に「ルビ」を入れる裏技

資料を作成する際に、「ルビ」を挿入したい、と思ったことはありませんか?

WPS OfficeのWriter(文書作成)には、簡単な操作で「ルビ」を挿入する機能を搭載しておりますが、Presentation(スライド作成)やSpreadsheets(表計算)には「ルビ」機能がありません。
ですが、実は今回紹介する裏技を使えば、スライド資料や表計算のシートにも、「ルビ」付きの文字を入れることができますよ。

では早速その方法を見てゆきましょう。

Presentation(スライド作成)で「ルビ」付き文字を入れる方法

WPS Presentationで作成した資料に「ルビ」付き文字を挿入するには、オブジェクトの挿入を利用します。

まず、メニューバーの「挿入」タブをクリックします。メニューの中から「オブジェクト」を選択してクリックし、「オブジェクトの挿入」画面の中の「Microsoft Word 文書」を選択し「OK」をクリックします。

tips_writer2_image1

自動的にWPS Writerが起動します。Writerの編集画面に、スライドショーに入力したい文字列を打ち込み、メニューバーから「ルビ」を選択して任意のふりがなを設定してください。

ルビの設定が完了したら、Writer上でフォントの大きさを調整しましょう。

Writer上で作成したルビ付きの文字列は、Presentationに画像として挿入されるので、すこし大き目のフォントサイズにしておくのがおすすめです。

サイズが調整できたら、Writerの右上の✕ボタンを押して画面を閉じます。そうするとPresentation上に、作成した文字列が現れます。

「ルビ」付き文字はトリミングをしてレイアウトしよう

Presentationに挿入される文字列のオブジェクトには、余白が含まれているので、余白をトリミングすることでレイアウトしやすくなります。

文字列のオブジェクトを選択すると、メニューに「図形ツール」が表示されます。そのなかの「トリミング」を選択すると、オブジェクトの周りに太いカギ括弧のようなカソールが現れます。

tips_writer2_image3

カーソルを選択し、マウスを左クリックした状態のまま引っ張ることで、オブジェクトの周りの余分な余白を任意の位置までトリミングします。

間違ってトリミングしすぎてしまった場合でも、再度トリミングのカーソルを表示して調整することでもとに戻すことができますよ。

トリミングが完了したら、文字サイズとレイアウトを整えてください。

Spreadsheets(表計算)に「ルビ」付き文字を挿入する方法

Spreadsheets(表計算)に「ルビ」付きの文字を挿入する方法は、上で紹介したPresentationへの挿入方法と同じです。

Spreadsheetsに「ルビ」付き文字を挿入すると、背景の塗りつぶしと枠線が表示された状態になっています。「ルビ」付き文字のオブジェクトを右クリックで選択し、「オブジェクトの書式設定」から編集してくださいね。

tips_writer2_image4

いかがでしたか?

今回は、「ルビ」付き文字を入れたい場合に使えるTIPSをご紹介しました。是非試してみてくださいね。

今後もこちらのコラムでは、知っていると便利な小技をお伝えしますので、お楽しみに。

biog-foot-biz
2020.04.24|Categories: Officeコラム, オフィスソフトTips|