関数・VBA対応

WPS Officeは Visual Basicエディタでのコードの閲覧、編集などは可能ですが、
「マクロの自動作成機能」はありません。また、Microsoft Officeのマクロとの互換性も完全ではありません。
そのため、VBAのコードを作成する場合は、次の2つの方法でご利用ください。

1.自分でVisual Basicエディタ上でプログラムを書く。

※こちらは、プログラムの知識が必要となります。

2.Microsoft Officeで作成したマクロ付きのファイルを利用する。

※ただし、WPS Officeが対応しているMicrosoft Officeが標準装備している定数、プロパティー、メソッド、クラス等はごく一部であり、 Microsoft Officeで作成したマクロ付きのファイルを実行すると エラーとなる可能性が高いです。この場合コードの一部変更が必要となる、または機能自体を備えていないため、まったく動かない場合もあります。

※対応しているものであっても使い方によってはエラーとなる場合があります。コンパイルで問題がなくても実行時エラーを発生する場合があります。

WPS Officeの「VBA対応ライブラリ」「関数対応表」をご希望の場合はこちらからお問合わせください。

お問い合わせ

VBA導入プロセス

全社での業務用端末上Officeソフトリプレイス
スムーズな導入に向けた、マクロ/VBAの改修支援を無償で行います。

VBA導入プロセス