1970年の会社設立から、「流通、販売の合理化を実践し、消費生活を豊かにすることで社会に貢献する」ことを経営理念とし、「酒類を中心とする嗜好品の専門店」を全国各地にチェーン展開している株式会社やまや。

現在では独自の販売展開を構築することで、酒類販売において業界トップシェアを誇り、グループ総店舗数は全国29都府県で333店舗(2016年8月15日現在)。

小売業界のトップを走り続ける株式会社やまや様にキングソフトオフィス導入の経緯と、メリットについてお話を伺いました。

 

―まずはじめに、「KINGSOFT Office」導入の決め手はなんだったのでしょうか?

製品評価を1年間行い導入を決定したのですが、選定の基準がいくつかありました。
ファイル互換性、安定性、コスト、使い勝手
これら全ての条件をクリアしていたことが導入の決め手となりましたね。
さらに他社製品の場合、定期的にライセンス費用が発生する形式の中で、「KINGSOFT Office」はイニシャルコストのみで導入できるところに魅力を感じました。

 

―現在導入ライセンスはどのように使用されていますか?
500ライセンス使用しており、全店舗300店と、本部の端末で利用しています。

 

―導入して現場の声などはいかがでしょうか?
導入当初は若干のインターフェイスの違いにより戸惑いの声もありましたが、現在は問題なく多くの従業員が使用しております。
もちろん、十分検討して導入を決めておりますのでコスト削減については多大なる効果があります。

 

―お忙しい中ありがとうございました!今後もKINGSOFT Officeをよろしくお願いいたします。

会社名 株式会社やまや
ホームページ http://yamaya.jp/
本社 宮城県仙台市宮城野区榴岡3丁目4番1号
設立 1970年1月
代表取締役社長 山内 英靖

 

kso_-consumer_ba